ハウスプラスサポートセンター
会社概要

キダテの寄り道~アメノフトダマ~



アメノフトダマの意味:
(木匠)の漢字はキダテが作った造語で、当て字は神様の名前からとらせていただきました。
アマノフトダマノカミ(天太玉神または木匠神と呼ばれている神様)とは 今日の神道で行われるさまざまな神事を統括し、そこで使われるいっさいの神祭用具を管理する神です。 天岩戸に隠れてしまった天照大神を誘い出すため、天太玉神は、洞窟の前で卜占をし、枝葉の茂った榊に勾玉、鏡などを下げたらして太玉串を作り、 そして、天太玉神はそれを捧げ持ち、同時に天児屋根神が天照大神を賛美する祝詞(ノリト)を奉じて、大神の出現を祈ったことに由来しています。 玉串とは、榊の枝に紙垂(シデ=紙を細長く切ったもの)をつけた神に捧げる供物のひとつで、太玉串は「立派な玉串」といった意味であり、古代には紙でなく布を使っていました。 これを捧げることによって、神の意志に従う気持ちを表し、神とのコミュニケーションを確認するという意味があります。 今日でも神社で神主に祈祷をしてもらうとき、あるいは家を建てるときの地鎮祭などでは玉串を捧げたりします。 これは、神道用語では「玉串奉奠」と呼ばれ、頭を下げて礼儀正しく丁寧に玉串を捧げる行為を指します。 神を崇敬し家の安全や繁栄を守護してもらおうというものなのです。 このように祭具というのは、今日でも神と人間とが交信するための大変便利で重要なアイテムでありそれを最初に作り出したのが天太玉神であるといわれています。 また、太玉串を作るときに楮(コウゾ=和紙の原料となる植物)や麻の糸で織った布が用いられ、それが楮や麻の守護神としての信仰の起源にもなっています。 天太玉神は、木匠神ともいわれる。木匠とは木工職人のことで、その祖神なのです。 そのほかにも屋根の神、畳屋の神、建具の神など、工作全般の神としての信仰があります。

キダテでは商品開発や、新しい取り組みへ常に挑戦しています。
耐力壁ジャパンカップへのサポートや門型フレーム開発、住宅設計コンペへの参加、 長期優良住宅申請、コンサルタント等、 木質に関する開発は何でもチャレンジしています。
キダテを利用した新たな商品開発等をされているお客様を、広い範囲で培った経験と知識でサポートいたします。 興味のある方は是非、「アメノフトダマ」をご覧ください。


木造耐力壁ジャパンカップ

平成9年から始めて、今年平成24年で15回目を実施している実物大の木造耐力壁を組立て、足元を固定した状態でどちらか一方の壁が破壊するまで、 桁を互いに引き合わせて対戦させるトーナメント形式のイベントです。
最後まで勝ち進んだ耐力壁には、トーナメント優勝杯が贈られます。 またコストパフォーマンスを示す評点がもっとも高い耐力壁にはジャパンカップ優勝杯が贈られます。
キダテ設計事務所では「チーム匠」、「東大×LIXIL×キダテ」の2チームに参加しております。

  • 「ITAMADO2」
  • [東大×LIXIL×キダテ]

1回戦

  • vs 「RE・BORN」
  •   [ポラス暮らし科学研究所]

最大荷重 25KN

最大変異 41mm


2回戦

  • vs 「格剛V」
  •   [四国職業能力開発大学校]

最大荷重 34.1KN

最大変異 52.2mm


決勝戦

  • vs 「矢来」
  •   [㈱アキュラホーム+東大木質研+篠原商店]

最大荷重 58KN

最大変異 220mm


成績

  • トーナメント優勝
  • 耐震部門賞 受賞

  • チーム匠 (紬 ~evolution~)
  • [㈱アキュラホーム+東大木質研+篠原商店]

1回戦

  • vs 「夜佐駆」
  •   四国職業能力開発大学校

最大荷重29.67KN

最大変異381.6mm


2回戦

  • vs 「東濃桧の壁3 ~白糸の滝~」
  •   東京大学木造建築コース+金子建築

最大荷重51.95KN

最大変異272.4mm


3回戦

  • vs 「ポリテクのX」
  •   東北職業能力開発大学校

最大荷重31.27KN

最大変異254mm


決勝戦

  • vs 「BONE(ボーン)」
  •   ポラス暮らし科学研究所

最大荷重51.15KN

最大変異180.04mm


成績

  • トーナメント優勝
  • デザイン部門賞 受賞
  • 加工・施工部門賞 受賞

  • チーム匠 紬(つむぎ)
  • [㈱アキュラホーム+東大木質研+篠原商店]

1回戦

  • vs 「アロエリーナDX」
  •   TOUHOKU(ポラス建築技術訓練校)

  最大荷重31.07KN


2回戦

  • vs 「めりこみ少女ver.2.03」
  •   早稲田大学新谷研究室

  最大荷重18.98KN


決勝戦

  • vs 「頂(いただき)」
  •   ポラス暮し科学研究所

  最大荷重48.35KN

平成22年から建築コンペティションへの参加をしております。
今回が初めての参加になりまして、残念ながら入賞とはなりませんでしたが
細部に目を瞑ればよい作品に仕上がっていると思っております。(思いたいです・・・)
次に期待の持てる作品として掲載させていただきます。
来年こそ入賞を果たし、ここのホームページ以外にも載れるよう頑張りますので お気持ちだけでも結構ですので温かい目で見守っていただければと思います。

2010/10/28 建築環境デザインコンペティション「地球と生きる」に出品

Copyright (C) キダテ設計事務所