省エネルギーサポート

国の「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」の推進方策の中間報告では、平成32年までに新築住宅の省エネルギー基準への100%適合化を目指しています。

キダテ設計事務所では省エネルギー計算から各種申請まで対応させて頂いております。ぜひご相談ください。

低炭素住宅 適合証明・認定申請

建物自体のCO2排出量を抑える目的で設けられたものが「低炭素建物認定」制度です。
従来の断熱性能本位の省エネ基準に対し、低炭素建物では一次消費エネルギー量本位に返還させた新基準を用いています。

低炭素建物認定には下記のようなメリットがあります。
★住宅ローン減税制度の控除対象者借入限度額の引き上げ
★所有権保存登記、所有権転移登記にかかる税金が軽減(登録免許税)

外皮計算・一次エネルギー消費量計算

平成28年の省エネ基準に対応した平均熱貫流率(UA値)と平均日射熱取得率(ηA値)を計算します。

長期優良住宅・住宅性能評価・低炭素住宅・BELS・ZEHの申請等にご利用頂けます。

計算にかかる日数:必要書類ご提出後、約1週間