アメノフトダマ

キダテの寄り道~アメノフトダマ~

新しい取り組みへ常に挑戦
アメノフトダマの意味: (木匠)の漢字はキダテが作った造語で、読み方(当て字)は神様の名前からいただきました。
アマノフトダマノカミ(天太玉神または木匠神と呼ばれている神様)とは 今日の神道で行われるさまざまな神事を統括し、そこで使われるいっさいの神祭用具を管理する神です。
 天岩戸に隠れてしまった天照大神を誘い出すため、天太玉神は、洞窟の前で卜占をし、枝葉の茂った榊に勾玉、鏡などを下げたらして太玉串を作り、 そして、天太玉神はそれを捧げ持ち、同時に天児屋根神が天照大神を賛美する祝詞(ノリト)を奉じて、大神の出現を祈ったことに由来しています。
 玉串とは、榊の枝に紙垂(シデ=紙を細長く切ったもの)をつけた神に捧げる供物のひとつで、太玉串は「立派な玉串」といった意味であり、古代には紙でなく布を使っていました。  これを捧げることによって、神の意志に従う気持ちを表し、神とのコミュニケーションを確認するという意味があります。
 今日でも神社で神主に祈祷をしてもらうとき、あるいは家を建てるときの地鎮祭などでは玉串を捧げたりします。
 これは、神道用語では「玉串奉奠」と呼ばれ、頭を下げて礼儀正しく丁寧に玉串を捧げる行為を指します。  神を崇敬し家の安全や繁栄を守護してもらおうというものなのです。
 このように祭具というのは、今日でも神と人間とが交信するための大変便利で重要なアイテムでありそれを最初に作り出したのが天太玉神であるといわれています。 また、太玉串を作るときに楮(コウゾ=和紙の原料となる植物)や麻の糸で織った布が用いられ、それが楮や麻の守護神としての信仰の起源にもなっています。
天太玉神は、木匠神ともいわれる。木匠とは木工職人のことで、その祖神なのです。 そのほかにも屋根の神、畳屋の神、建具の神など、工作全般の神としての信仰があります。

過去実績

木造耐力壁ジャパンカップ(~2017)
壁-1グランプリ(2018~)

木造耐力壁ジャパンカップは、木造住宅の構造耐力向上、伝統工法の継承を目的として
「NPO法人 木の建築フォーラム」が主催しスタートした大会です。

実物大の木造耐力壁を組立て、足元を固定した状態でどちらか一方の壁が破壊するまで、桁を互いに引き合わせて対戦させるイベントです。
毎年、大学、専門学校、住宅関連企業、設計事務所などが参加しています。

キダテ設計事務所は篠原商店のサポートとして アキュラホーム・東京大学と共同チームで参加し好成績を納めております。

→木造耐力壁ジャパンカップ成績

→ジャパンカップ公式HPへ(外部)

トラス開発サポート

近年、中大規模木造建築物向けの新たな工法や技術革新が進められる中、
プレカットや金物工法のノウハウを生かして開発された「パクトビーム」。
キダテ設計事務所も開発のお手伝いをさせて頂きました。

大スパンの多層階を実現させると同時に加工性・輸送性・施工性等にも配慮、
かつコストパフォーマンスの良さも兼ね備えた新しい木造平行弦トラスシステムです。

→チームパクト公式HPへ(外部)

コンペ

2010/10/28 建築環境デザインコンペティション「地球と生きる」に出展
→作品紹介